SHIRAKAWORLD

Rei Shirakawa's Official Web Site

Facebook、広告数に制限を課す

2020/09/11

Facebookは、消費額に基づいてページが表示できる広告の数に関する新しい取り組みを発表した。

------------------------------------------
本記事は下記記事の日本語訳になります。
Breaking: Facebook to Impose Limits on Number of Ads
------------------------------------------

Facebookは、消費額に基づいてページが表示できる広告の数に関する新しい取り組みを発表した。

この新しい広告制限の施行は来年2月から始まり、夏まで続く。

なぜボリュームを制限するのか?

Facebookが強調しているのは、広告量が増えてもパフォーマンスが良くなるわけではないということだ。

Facebookに何かを追加すると、最適化の必要性が生まれる。しかし、それを効果的に防ぐことができる。ブランドは、広告制作者の中にはインプレッションがほとんどない人もいることに気づき、しばらくの間、ラーニングフェーズで止まってしまうかもしれない。

広告が表示されるたびにアルゴリズムは学習を構築するが、広告が増えれば増えるほど各バージョンの表示回数は減る。

Facebookによると、10件に4件の広告がラーニングフェーズを抜けないという。これはまた、勝者のために最適化するために予算が費やされ、より長い時間(そうでなければ)がかかり、長期的にはブランドにより多くの費用がかかることを意味する。

ボリューム制限

Facebookは広告主を4つのグループに分類する。サイズはページとその月の最高支出額によって決まる。広告アカウント自体に基づいて制限を設けているわけではない。グループは過去1年間の広告費に基づいており、広告費が高いほど広告制作者数の閾値も高くなる。
広告主は、Ads Managerの 「Ad Limits per Page」 というツールを使って、自分に割り当てられた広告枠を見ることができる。

ページに複数の広告アカウントがある場合、個人またはパートナーが制限を設定して、さまざまな広告アカウントが在庫を使いすぎ、別の広告アカウントが新しい広告を公開できないようにすることができる。

親ページによって制限が設定されている広告アカウントは、 「ページごとの広告制限」 セクションでも制限を確認できます。

広告主が許容限度を超える広告を掲載しようとしても、それは不可能だ。ライブバージョンを削除または一時停止すると、新しい広告を発行するためのスロットが開く。

広告枠とは、その時点で実行可能な広告の合計だ。合計には、すでに実行中のものも含まれますが、レビュー中でまだ稼動していないものも含まれる。

Facebookは、次の3つの理由から、このルールを回避するために2番目のページを作成しないよう警告している。
・あなたの2つのページは広告オークションで互いに競争しているでしょう。
・このアルゴリズムでは、1つの結合マスター・データ・セットではなく、2つの個別の学習セットが作成されます。
・ブランドは複数のページを管理しなければならず、その両方がビジネスアイデンティティに結びつくことになります。
 

統合の推進

これは、プラットフォームの統合に向けた新たな動きである。Facebookは一貫して、自社の広告プラットフォームがブランドの予算を最も効果的に最適化するのは、使用するデータセットが大きい場合だと強調している。

他にも、重複したりあまり使われていないターゲティングカテゴリーを削除したり、アルゴリズムを最適化するためにターゲットオーディエンスを可能な限り大きくするようFacebookが広告主に奨励していることなどが、最近の変更点として挙げられる。

多くの場合、広告主はターゲティングを行わず、最適化の目標を設定するだけで驚くほどうまくいくことがわかっている。

技術的には1つの広告配置で複数のクリエイティブオプションを回転させているダイナミックなクリエイティブのように、何が「一つの広告」と考えられているのかは、今回の発表では明確ではない。

今後もこの新しいロールアウトの展開を追っていきたいと思う。公式発表はこちらヘルプドキュメントはこちら

本サイト管理人の感想

広告数を無駄に増やしても効果が見込めないからわざわざ制限をかけてくれるのはありがたいのではないだろうか。
ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102 できるMarketing Bibleシリーズ
寳 洋平 (著)、辻井 良太 (著)、高瀬 順希 (著)
出版日 2018/4/13)
出版社 インプレス

Twitter

Recent Entries

Categories

著者について

Shimpei Kobori 小堀慎平

小堀 慎平

国家資格キャリアコンサルタント
ウェブ解析士
TOEIC950

キャリアやマーケティングについて書いています。
 
 

ページトップ

This web site is powered by bingo!CMS

Copyright©Rei Shirakawa All Rights Reserved.