SHIRAKAWORLD

Rei Shirakawa's Official Web Site

Google My Business Profileをブレークダウンしてアップグレード

2020/09/07

GoogleはGoogle Guaranteeをローカルのオーガニック検索に開放するかもしれない。ここでは、これが中小企業と消費者にどのような影響を与えるかを説明する。

------------------------------------------
本記事は下記記事の日本語訳になります。
Breaking Down the Google My Business Profile Program Upgrades
------------------------------------------

GoogleはGoogle Guaranteeをローカルのオーガニック検索に開放するかもしれない―そしてそれはスモールビジネスの差別化に大きな変化をもたらすかもしれない。

7月下旬、われわれはGoogleが 「Google My Business」 メンバーにアップグレードされたプロフィール機能を提供しているようだという情報を得た。

月額50ドルで、GoogleのLocal Service Ads (LSA) プログラムに参加していない地域企業には、Googleギャランティーと同様のバッジと支援を提供している。

この明らかな変化は、有料検索に加えてオーガニック検索にもSEOの力を注ごうとしていることを意味する。

また、地元企業や消費者にも興味深い影響がある。

これが何を意味するのか、そしてこれからGoogleの努力がどこへ向かうのかを詳しく見ていこう。

Google Guaranteeで何が起こっているのか

まず、Google Guaranteeについて簡単に説明する。

このプログラムは、以前はGoogleローカルサービス広告の有料顧客に限定されていましたが、評判の良い、Googleに審査されたサービス提供者に緑色のバッジを与えている。

しかし、このプログラムの価値はリードにある。

企業は直接販売の見込み顧客ごとに支払いますが、これはGoogleの検索ランキングの向上によって可能になった。

また、この保証は、サービス提供者が違法な場合には返金することで消費者を詐欺から守り、盲目的にサービスを探している顧客が、Googleがバックアップしたオプションを選ぶ可能性が高くなるようにしている。

現在提供されているようで、LSAがすでに持っている保証との唯一の本当の違いは、それがGoogleの最初の進出であり、すでに広告プログラムの一部ではないビジネスの後ろに彼らの評判を置くことである。

また、オーガニック検索の分野でも大きな変化をもたらしている。

50ドルの価格で、中小企業は、地域の他のサービスプロバイダーとは一線を画す絶好の機会を提供されています。これは、限られた予算と中小企業のオーナーが通常持っている時間の不足という困難な偉業だ。

Googleの潜在的な動きの背景には何があるのか?

今回の新規提供が LSAのためのファネルでより多くのビジネスを得るための遊びであることは明らかです そして、それは賢明です。

Googleの保証とランクアップによって中小企業が何を達成できるかを味見することで、同社は比較的少額である50ドルの価値を見て、もっと出費したいと思うだろうと賭けている。

しかし今回の動きは、Googleが当初意図していた保証プログラムからのさらなる逸脱を示すものでもある。

この機能は当初、スパムや詐欺に対抗することを目的としていた。

Googleは、競合他社や悪質な業者からリストを守るために、割増料金を課していた。

現在、このプログラムがオーガニック検索に導入され、この保証をより多くのビジネスに開放することで、同社の意図は検索結果の正当性を保証し、より多くのパートナーを広告エコシステムに取り込むことにあることは明らかだ。

Google Guaranteeの変更が消費者とビジネスに与える影響

ここでの消費者にとっての勝利は、簡単だろう。

保証された企業が増えれば、サービスプロバイダーに対して大きな財務上の決定を下す際の検索機能が向上し、リスクが軽減される。

また、特定の地域でサービスが臨界量に達した場合、Googleは地域レベルで詐欺や悪質なビジネス慣行を減らすのに役立っていると主張することができる。

地元企業への影響は複雑だ。

表面上は、50ドルの保証価格は比較的安く、既存のローカル広告よりもはるかに安い可能性が高い。

また、おそらく小規模企業がリードを変換しながらオーガニックランキングを向上させる最も安価な方法だろう。

しかし、今後の課題は、ビジネスがどのように受容的になるかだ。

当然のことながら、保証バッジをつけた競合他社にビジネスを失い始めた場合、50ドルが必要なコストであることは明らかだ。

しかし、この動きは、ある時点ですべての企業が参加するようになれば、バッジの意味が失われるのではないかという懸念を引き起こしている。

これはGoogleにとっても賭けだ―地元企業に強いることで欲張りに見えるリスクを冒す。

Google Guarantee変更の影響

拡張されたGoogle Guaranteeは、広告オタクにとって興味深いものになるだろう。

GoogleがLSAプログラム以外で中小企業をターゲットにしているということは、同社の販売ルートが拡大しているということだ。

そして、今や小企業がこのプログラムを通してオーガニック検索のリードを改善しなければならない機会は、マーケターが手に入れたいと切望する結果を提供するだろう。

本サイト管理人の感想

Indeedもそうだけど、色々な機能を追加していくにあたって検索結果がどんどんゴテゴテしていって、見にくくなっていく
10年つかえるSEOの基本
土居健太郎 (著)
出版日 2015/4/23
出版社 技術評論社

Twitter

Recent Entries

Categories

著者について

Shimpei Kobori 小堀慎平

小堀 慎平

国家資格キャリアコンサルタント
ウェブ解析士
TOEIC950

キャリアやマーケティングについて書いています。
 
 

ページトップ

This web site is powered by bingo!CMS

Copyright©Rei Shirakawa All Rights Reserved.