SHIRAKAWORLD

Rei Shirakawa's Official Web Site

2019年のオンライン広告収入は約1250億ドルだったが、成長は鈍化している

広告の約70%がモバイルデバイスに表示され、82%がプログラマティック広告だった

本記事は下記記事の日本語訳になります。
Online ad revenue was almost $125 billion in 2019 but growth is slowing

2020/06/21

IABとPriceWaterhouseCoopersによると、2019年のデジタル広告の価値は1246億ドルだったという。これは、第2位のメディアであるテレビに広告主が費やした金額を約540億ドル上回っている

しかし、オンライン広告の成長は鈍化しています。昨年の成長率は前年比16%弱、2018年比170億ドル増だった。全体の成長率16%を超えたカテゴリーは以下の通り。
・オンライン動画広告 - 33.5%
・モバイル - 24%
・ソーシャルメディア広告 - 23%
・インターネット音声広告 - 21.2%

デスクトップとモバイルの過去のトレンド、通年の実績(2012 - 2019)
Source: Search Engine Land

デジタル広告の約70%がモバイルデバイス上で配信され、見られており、昨年より5ポイント増加している。しかし、モバイル広告の収益の伸びも鈍化しており、"基盤となるプラットフォームの成熟化が進んでいる "という。しかし、デスクトップの収益はほぼ横ばいで、379億ドル(2019年)対376億ドル(2018年)となっている。

チャネル別の収益シェア
ペイドサーチ(有料検索)は広告収入全体の43.9%を占め、2019年には前年比約13%増の547億ドルに達した。ディスプレイ広告とスポンサーシップのシェアは約31%(381億ドル)だった。動画のシェアは約17%(217億ドル)で、2018年に比べて33.5%増加した。残りの100億ドルは、クラシファイド(40億ドル)、リードジェネ(34億ドル)、オーディオ広告(27億ドル)で構成されていた。


プログラマティックプラットフォームを通じた広告購入額は570億ドルに達し、昨年より100億ドル近く増加した。その背景には、オンライン上の「非検索広告」の大部分(81.5%)をプログラマティックが牽引している。

おそらく成長の鈍化よりも懸念されるのは、より少ない企業への収益の集中だ。IABによると、トップ10のインターネット企業が2019年のデジタル収益の約77%を支配しており、1年前の76%から増加している。その1ポイントの増加は重要に聞こえないかもしれませんが、実際のドル換算では140億ドルの収益が10社に偏在していることを表している。

なぜこのニュースが大事か
オンライン広告収入が爆発的に伸びた時代は終わりつつあるようだ。
しかし、インターネットは依然として最大の広告媒体であり、eスポーツを除く唯一の例外として、依然として2桁成長を続けてる。2020年の残りの期間に何があるのかは不明のままだ。IABによると、1月と2月は「高成長月」だったが、3月はCOVID-19の影響を大きく受け、報告書によると、2020年第1四半期の総収入は314億ドル(前年同期比12%増)となった。

eMarketerのような企業の中には、今年のグローバル広告費の伸びを予測し続けているところもある。しかし、もし成長があるとすれば、それは一桁台の数字になる可能性が高い。

ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102 できるMarketing Bibleシリーズ
寳 洋平 (著)、辻井 良太 (著)、高瀬 順希 (著)
出版日 2018/4/13)
出版社 インプレス

Twitter

Recent Entries

Categories

著者について

Shimpei Kobori 小堀慎平

小堀 慎平

国家資格キャリアコンサルタント
ウェブ解析士
TOEIC950

キャリアやマーケティングについて書いています。
 
 

ページトップ

This web site is powered by bingo!CMS

Copyright©Rei Shirakawa All Rights Reserved.