アウトロー☆ごらく部活動記録#3 -Magic the Gathering part 2編-

colorful

クリックして前回を読む

 

第三回は、小雨の降りしきる八月上旬にて行われた。

今回はアモンN氏が主宰するMTG会である。

彼の呼びかけにより5人のアウトローが集い会が開催された。

 アモンN氏を含む経験者三人

未経験者、式部ムラサキ、

初級者、私

である。

 場所はここ、高田馬場「晴れる屋」

 hareruya

 MTG専門店とのこと。この不況のご時世に一つのカードゲーム販売のみで運営を成り立たせるとは…

 中はとてつもなく広く、カードゲームショップ特有のデュエリスト空間をビクビクしながら進んでいく私。

空いているテーブルを見つけ、アモンN氏のディレクションの元、チーム分けがなされる。

 

経験者A氏vs経験者B氏

式部ムラサキvs私、をアモンN氏が教えながらファイトすることに。

 

 

◇1戦目

 

式部ムラサキはアモンN氏が用意した白のハーフデッキ

私は黒のハーフデッキ

ヒャッハァァァーーーーー!!!!!!

白なんて黒で塗りつぶしてやるよぉぉぉぉぉぉぉーーーー!!!!!!!!!

 

結果↓

 

white

 

私のボロ負け。

白の強烈な光に照らされ、黒は消滅☆

さきほどの意気込みはどこへ行ったのか

もうですね、全てがことごとく上手くいかない。

黒はどうも色々準備して終盤に大ダメージを与えに行くようなスタイルなのかもしれないが、

式部と式部の白デッキがことごとく準備の邪魔をしてきて、私の場が一向に整わない。

写真のように、最終的には向こうが4対もモンスターいるのに、こっちは1体という状況。

いじめである。

 

 

ちなみに隣ではA氏とB氏が理解の範疇を超えたファイトをしていた。

とてもすごいことをやっているんだけど、うん、すごい!としか言えなかった。

 

 

◇2戦目

 

式部は引き続き白

私は赤

見ろ式部!これが俺の本当の姿だ!!

red

 

 

(この時期、ヴァンガードでいう「かげろう」、MTGでいう「赤」が得意とする相手カードの除去タイプの方が私に合っているのではないかと思い始める機会があった。

ヴァンガード3DSロックオンビクトリーでもかげろう使ってるのか一番しっくりきているんですよね)

 赤を使っていて、やはりこっちの方がしっくりくる感はあった。

2戦目の勝敗?どっちか勝ったんだか…

 

 

◇3戦目

 

その後、アモンN氏によるMTG独特の遊び方法を紹介される。

なんと、その場で幾つかパックを買って、それでデッキ組んで対戦するというのである。

こんな感じになる

color

 

カラフルでキレイですね。

ですがこうやって色が増えるとカードが上手く機能しなくなったりで難しい。

攻めの幅は増えるんですがね。

そのデッキ調整がMTGの面白さの一つなのではないでしょうか。

 

 

 

席料は無料だったので、最後にパックを3つほど買いました。

加えて、なんと経験者のA氏が私に使っていないMTGカードを大量にくれる。

これが人の優しさか…

ありがとうA氏

ありがとうA氏…

 

 

 

このカードで,

もっと強くなろうと,

誓った,

夏。

 

 

 次回、-レンタルニートとヴァンガード編

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA