「人格コピーアバターのオルツが、ジャフコから5億1700万円の資金調達」から感じたこと

c9891c29

「人格コピーアバターのオルツが、ジャフコから5億1700万円の資金調達」

>オルツがフォーカスするのは同社が「パーソナル人工知能」と呼ぶ領域。
>SNSやメールなどのやり取りから、
>各ユーザーのその人らしさや知識を獲得して模倣することで、
>いずれユーザーの分身として簡単な受け答えができる、とするもの。

これを人材採用に置き換えると、もしこの技術がかなり進んだ場合
電子版の社長の分身を用意すれば採用担当者はいらなくなるということだ。

自社の採用において一番強いのは社の理念を一番強く伝えられる社長であるから、
その分身が存在するなら当然採用担当者はいらなくなる。

なので悲しいかな、採用担当者は今のうちに他の技術を磨き、
将来に備えなければならない…

という真面目な考察は置いといて、もし自分がSNS上にて九条カレンちゃんのように振舞っていたら、
電子版の私は九条カレンちゃんというかわいくて暖かくて人々に希望をもたらせる存在になれるということだ。

進んでくれ!この技術!

0000-65436

俺はかわいい女の子になるぞ!!!!

c9891c29

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA