「面接官は坂本龍馬 インテリジェンスがゴーグル型練習端末」について

23c26a42786e72b58fcbde29a8d38fd2

”インテリジェンスは仮想現実(VR)を活用して就職活動の面接練習ができる仕組みを開発した。VRを体験できるゴーグル型端末を装着すると、面接官役の「坂本龍馬」が自己紹介などの質問を投げかける。音声認識で回答者の感情をリアルタイムで分析し、面接が終わると適性のある職種を診断する。同社主催の就活イベントなどで体験してもらう。”

前文こちら

面白そうです。体験してみたら結構興奮しそうです。

もしこの技術がより洗練されたら、お金のある大企業はこういう学生に人気を博しそうで面白い採用手法をを取り入れ、ますます中小企業が人材採用に四苦八苦しそうです。

少子高齢化が進み中小企業はますます人材確保に苦労する未来が何人も何人も主張されていますが、焼肉採用とか野球採用で成功している企業もあるみたいなので、中小企業はいかにアナログで尖ったサービスを使うかが、今後の人材確保のキーとなるのでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA